考えられる人を作る企業の人材教育の特徴

今求められる「考えられる人」を育成する人材育成

人材育成の実践例とその特徴

「考える人」を作り出す人材育成

では上述のように、今の社会で求められている「考える人」は、どのように育成するのでしょうか。
やはり違うページでも少しだけ述べましたが、大切なのは自ら考えるという機会を多く持つということです、
今の若者は、悩むことを極端に避け、なんでも知っている人の意見や、過去の例をそのまま使ってしまします。
これでは考える人間は育ちません。

「考える人」の育成に力を入れている企業の特徴としては、若い人が積極的に重要な仕事を行っている印象があります。
若者に最前線で仕事をさせ、ベテラン陣は監督及び指導を行うというような形式を採用している企業が、「考える人」の育成に力を入れている企業では多いような気がします。
こうすることで若者も、仕事に対して大きな責任を持つようになるので、自分の中で何が最も自社に対して有益なのかということを常に考え、行動するようになります。

考えられる人の人材育成における欠点

上述のように責任重大な仕事をできる限り若者に任せ最前線で若者に働かせるのは、もちろん「考えることができる人」を育成するという点においては、非常に有用で重要ですが、もちろんそれによって生じる弊害もあります。

若者に責任重大な仕事を任せるということは、やはりそれ相応のプレッシャーが若者本人に降りかかります。
精神が弱い人では、このようなプレッシャーに耐えられませんし、特に今の若者は根性が無く、精神的にも弱いと言われているので、大きなプレッシャーが大きな精神的ダメージになるということもあります。
またもしこの大きな仕事に失敗してしまった場合、もちろんベテラン人が精神的な面も含めてサポートをしなければならないのですが、これを怠った場合精神にとんでもなく大きなショックが与えられ、鬱などの精神病、あるいは最悪の場合自殺というような事になってしまう可能性も考慮しなければなりません。


このコラムをシェアする