考えられる人を作る企業の人材教育の特徴

今求められる「考えられる人」を育成する人材育成

企業における人材育成の概要

現代社会は、昔に比べると比較的経済や雇用は安定していると思います。
一昔前までは「就職氷河期」とも呼ばれる時代があり、非常に不況で、経済が安定せず、雇用が少なく仕事に就けない人が多かったり、リストラなどで仕事を失う人が多くいた時代がありました。

しかしながら、現在は安倍首相によるアベノミクスの効果もあってか、経済は比較的安定し、雇用も豊富に有る売り手市場が形成されています。
そのため大学生は就職も比較的しやすく、内定がどこの会社からももらえないというような就職難民の姿を見ることは、昔に比べれば激減しました。

しかし雇用が拡大しているがゆえに、以前のような学歴主義の採用は減ってきています。
これは嬉しい人と悲しい人に分かれる変化であるとは思いますが、以前であれば取れる人材が少ない分より優秀として有名な大学などから人材を確保しようとされていましたが、現在ではある程度の人数を採用できるので、そこまで名の知れた大学でなくとも採用される機会は増加しています。

ただいくら雇用が拡大していると言っても、当たり前ですが企業もどんな人材でも受け入れているというわけではありません。
エントリーシートによる書類審査、集団面接や個人面接、グループディスカッションなどによる人間性の審査、場合によってはSPIなどの審査も含めて、何度にも渡る試験を行った上で採用します。
ですので大切なことは、「企業の求める人材になる」ということが重要なのです。